白湯が身体に良いといわれています。
私も水分の補給はなるべく白湯を心がけています。
朝目覚めたら白湯を飲むと、何故かすっきりする感じがします。

白湯はぬるくしたお湯だと考えがちですが
お薦めの作り方があるのです。

白湯の作り方
1)浄水器を通した水道水をやかんに入れ火にかけ沸騰させる。
沸騰したら中~中弱火に弱める
2)ボコボコ気泡が出る状態で15分間沸騰させたら火をとめる。
保温ポットに移して。飲む時は60度くらいに覚まして
すするように飲むと良いです。

スパイス白湯(100mlの熱湯で作る)
1)月桂樹・1枚(リラックス成分がストレス、不眠を改善)
芳香成分にリラックス・血行促進・利尿などの作用がある。
ストレス、不眠、むくみ改善に効果的。
葉に切れ目を入れて熱湯を入れる。爽やかな香りで飲みやすいです。
2)クコの実・10~20粒(シミ、肌荒れに効果的。美肌の強い味方)
ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの機能成分を豊富に含む。
若返りの果実のクコの実
造血や保湿作用があり、シミや肌荒れに有効。
甘酸っぱくて美味しいが、1日40粒までを目安にする。
3)クミン&コリアンダー・パウダー各3振り(便秘対策・デトックス効果)
整腸、消化促進作用が有り、便秘やガス腹の改善に効果的。
便秘がひどい時はクミンを多めに。
ゆるい時はコリアンダーを多めに。
4)陳皮&クローブ・陳皮小匙1/2・クローブパウダー3振り(肩コリ・生理痛の改善)
血行を促進する働きがある。
肩コリや生理痛の緩和に効果を発揮する。
クローブの風味を陳皮の香りが和らげてくれる。

スパイス白湯の摂り方
1)空腹時に飲むと効果的
2)同じものを飲み続けない
3)お湯もスパイスも少量から始める。
濃いと思ったら50ml位の熱湯を加える。

(参考資料 せき鍼灸院主宰 市野さおり先生監修 fureai2017より)