7月CT検査を受けました。
造影剤の注射のあの感覚。
注射をしたとたん下半身の血液が
温かくなってくる。
「血流って早い!」
妙に感心してしまう。

7月末に結果。
10時の予約が診察は2時間後。

「先日のCT検査ですが、
特に何も異常はありませんでした」

イケメン先生がクールに語る。

「ありがとうございます」
(なんか変だけど、ありがとう以外に思いつかない)

血液検査もほぼ異常なし。
「肝臓に負担がかかっているようですが
これはまた次回・・・様子見で」

「飲みすぎかな?」と思ったけど
余計なことを言っても仕方ないので
ぐっとこらえる。
いったところで笑いも起きないし。

内診もないので3分ほどで終了。

立て直してきれいな病棟に移ったので
まるでホテルみたいだ。

待合でお隣さん同士が「病室もきれいなのよ」
「わー見てみたい」
って話していたけど、

入院したいの?
そんな訳ないよね、と一人突っ込み。
愚弟の情報によると食事は2年前よりさらに
「最悪」になるらしい。

会話を聞いていたらイケメン先生は
「名医よ~」らしい。

忙しい先生に会話を求める私のほうが
間違っているのだろう。
経過観察のお気楽患者はもっと深刻で
大変な人に時間を譲ろう。

メンタルはほかで鍛えるしかない。

とにもかくにも約2年半、再発、転移がないことを
ありがたく、感謝する。