定期検診日

イケメン先生は相変わらずイケメンで。
先回9月に行った時は
「先生、せめて笑って欲しい」と思った私だが
今回は時々ニッコリされる。
多分イケメン先生は毎回、どの患者さんにも
変わらないスタンスで診察しているのだと思う。

そうでなきゃ、医者なんてやってられないよね
一日50人以上の患者さんを相手にするのだから。

手術後半年が過ぎて元気になったと思っていても
先月は気が落ちていたのかも。

自分の健康状態で相手の印象も変わるものだ

心が落ちると相手のことも許せなくなったり
マイナス思考で受け取ったりする

健康が大切と感じるのは
身体だけではなく、心にも影響するから。
健康で行きているのは奇跡なのかもしれない。

血液検査で白血球の数値が少し高かったが
このところ少しだるさを感じていたので
風邪だったのかもしれない。(多分)

※半年過ぎて健康で気をつけて?いることの現状※
食事=ほぼ自炊。目で見て彩りが良いことを心がける。
タンパク質、食物繊維などバランスを考える。
お酒はビールか熱燗1合程度。
糖質制限はストレスになるので気にしないことにした。
ご飯は食べても軽く1膳。
おやつは時々摂る程度。元々甘味の習慣が無い。
マズイお茶も止めた。続かない。

サプリメントはプラセンタドリンク「激」と
時々AOサプリ(抗酸化作用)

むくみ解消には動脈マッサージやリンパマッサージ。
それも時々。
右鼠径部のむくみは立ちっぱなし、座りっぱなしが
続くので、完全に無くなることは無いが
以前より良くなってきた気がする。
下腹部のたるみ感は続くのだろう。
右鼠径部のむくみ部分は触ると冷たいので
温めることを心がける。
温めるにはオンセラピーとクリスタルスパ。
日中は貼るカイロを腰かおへそ下につける。

運動 時々ヨガもどきとトリガーポイント
やってまーす!と言えるほどではない。
ヨガの呼吸法(片鼻ずつ呼吸する)や深呼吸を
思い出した時にする。

要はあまり「ガンの再発」を恐れず
いい意味で「忘れて」生活する。

来月はCT検査。
別室で若手先生の予約相談。
「今月最短でCTの予約がとれる日は◯日です」
「その日はちょっと」といったら
「では電話で変更するので良い日を言ってください」
「では☓日で」
「では変更します。」(もしもし予約変更をお願いします)
都合を聞く前に先行して予約を取っていたようだ。
私にだって予定があるのだよ。
入院前の合理的作業を思い出した。

今日は笑って過ごせる。
有り難いことだ。

011

 

 

 

 

 

 

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ