身体を温めることは大切ですが、入浴のしすぎは逆効果!
乾燥肌の70パーセントは
間違った入浴方法が原因といわれています。

寒い時はつい熱いお湯につかって
長湯をしてしまいがちです。
しかし長湯をすると皮脂が溶け出し
角質がふやけて肌の水分量が減ってしまいます。

また皮膚温度が高まるとかゆみが増すなど
乾燥肌にとっては逆効果の場合もあります

それからナイロンタオルで
ゴシゴシ擦ることは止めましょう

角質層のバリアを激しく壊してしまいます
身体もお顔と同じで石鹸をよく泡立てた泡で
優しく洗いましょうね。

一度剥がれた角質層が正常に戻るまでには
1~4週間かかると言われています

良いと思って行ったことでも
やり方を間違えると逆効果になりますね。

身体を温める入浴。
38℃~40℃位の温度で
15分くらいが丁度良いようですよ。

身体が温まると血流が良くなり
免疫力が上がるのでシャワーで済ませず
お風呂に浸かることをオススメします。

冷え症でお悩みの方のために
アドバイスをさせて頂いています。
温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちら