植物由来の栄養素「フィトケミカル」が注目されています。

【3大栄養素】は糖質、タンパク質、脂質
【6大栄養素】は3大栄養素+ビタミン、ミネラル、食物繊維

6大栄養素プラスして7つ目のフィトケミカルが新しい栄養素として
位置づけられています。

フィトケミカルは植物特有のパワーです。
野菜、豆類、芋、海藻等から発見されています。

植物特有の抗酸化成分は1万種類以上あります。
カテキン、リコピン、イソフラボン、アントシアニンなどの言葉を
耳にしたこともあると思います。

植物の色素、香り成分、アクなどに含まれています。

フィトケミカルは皮やタネなど硬い細胞膜や細胞の中に含まれるので
ミキサーで砕いても分解されず排出されるので
オススメはスープなどの加熱調理です。
単体でなく、多種類を組み合わせることが効果的です。
ターメリックのクルクミン、生姜のショウガオールは
ポリフェノールの一種なのでインド料理はフィトケミカルが
摂れますね!
何を食べればよいか?の目安は色!
7色の食材をバランスよく摂りましょう。

赤【リコピン:高い抗酸化作用がある】
トマト、スイカ

オレンジ【βカロチン:目や皮膚、粘膜の免疫力アップ】
人参、かぼちゃ等緑黄色野菜

黄色【ルテイン:紫外線から受ける酸化のダメージから目を守る】
キウイ、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ

緑【クロロフィル:抗酸化作用、消臭殺菌効果】
ほうれん草、ピーマン

紫【アントシアニン:目の疲れや視力低下を防ぐ】
ブルーベリー、ぶどう、赤ワイン、いちご

黒【カテキン・クロロゲン酸:抗酸化作用、脂肪燃焼効果】
緑茶、ごぼう

白【イソフラボン、イソチオシアネート:高い抗酸化作用、皮膚や粘膜を健康に保つ】
大豆製品、かぶ

朝ごはんに野菜スープはフィトケミカルもとれて温活にも良いですね。

大切なのは7大栄養素をバランスよく摂ること。
よく噛んで食べること!
そして美味しく楽しい食事時間をとることです!