先日友人から「グルジが来日にするから是非」と

お誘いいただいて、でも何かに惹かれるように行ってきました。

ヨガの指導者として有名なシュリ・シュリ・ラビ・シャンカールさん。
{201B8784-50B5-4B64-9F1A-375EE4D60309}
登壇されたときから、いえ、お姿がチラと視界に入ったときから
空気が変わったことを感じました。

 

{E120BAFC-9AED-404C-9C7F-206109685DFA}

 

お話の内容は私の稚拙な言葉ではお伝えしきれないのですが
「何があっても幸せになる」ことを信じる。
「笑顔をなくさない」
全ては幸せのために起こっていること。
「信念」が必要なのです。

{BAFBDCA2-545D-406E-A8A5-0EC4AF48BB7D}

 

マイナスの言葉を言ったり、聞いたり、考えると
脳の後ろ側が小さくなって病気につながるそうですよ。

子供の頃は無邪気に「何故?どうして?」と
周りに質問していたのに

大人になると「悲しみに繋がる」質問を
自分にするようになってしまう。
これは「答えのない質問」発信するバイブレーションがピュアなら
質問が不思議と変わってくる。

そのためには「瞑想」と「呼吸法」

会場の皆さんとシュリシュリさんに導かれて
一緒に瞑想し終わった時、何故か涙が出てきました。
悲しいとか何か感情があったわけではないのです。
だた、涙が出ました。

去年癌の手術をしてから、何かが変化した私は
このご縁も「幸せ」の一つでした。
「静かに感じ」喧騒の終わった夜の浅草の街を
歩いていたら、街が宇宙のような気がしました。

{898B15CB-0E7F-4535-A2FF-3B0FF800A4B0}