年を重ねてお年ごろになると
低体温も病気の発症の原因になります。

20代や30代では気づかないことが起こるのです。

何故50代を過ぎると病気になりやすくなるのか?
それは加齢によって動脈硬化が起こってくるからです。

低体温に動脈硬化が重なると
動脈硬化で狭くなった血管に低体温によってドロドロになった
血液が流れます。

更にストレスにおって交感神経が高まった状態が続くと
血管は更に細くなり
脳梗塞、心筋梗塞、狭心症等の深刻な病気を招くことになるのです。

動脈硬化を高める要因は
・高血圧
・喫煙
・糖尿病
・コレステロール低下剤を含めた薬剤の飲み過ぎ
・ストレス(低体温、イライラ、働き過ぎ、頑張りすぎ、悩み、薬の服用のしすぎ、無理なダイエット等など)
などが上げられます。

このような危険因子を取り除き、体温をあげる努力をすることが大切なのです。

体温を上げることの大切さを若い時から知って欲しいと思います。

冷えは放っておいてはいけないのです。
我が身を振り返り、一人でも多くの方に気付いて頂きたいと思って
オンセラピーを伝えています。