夏場はどうしても「シャワーだけで済ませたい」
という気持ちがありますね。

しかし冷房で冷えきった身体を
温めるにはシャワーだけでは戻りません。

是非湯船にはいるようにしましょう。
38度~39度位のお湯に最初は10分。
慣れてきたら30分浸かりましょう。OK
温度が高いと肌の油分が抜けてしまいます。
また熱い湯は交感神経が高くなってしまいます。

ぬるめのお湯は副交感神経を優位にさせ
リラックスすることができます。
質の良い睡眠にも繋がります。

肩まで浸かると全身に水圧がかかり
血流が良くなります。

この時注意するのは
「首までは浸からないこと」
「心臓に持病のある人は医師と相談すること」

湯上がり後は早めに服を来て
保温を心がけてください。