12月17日いよいよ初診に行く。

女性の院長先生はサバサバとした感じで良かった。
事前に電話をしたら「初診なら予約無しでいらしてください」
といわれてでかけたが、10時に行ったら狭い待合室はすでに満員。

「こんなに皆さん困っているのか」

1時間ほど待って名前を呼ばれて先生に状況を説明するとまずは検査。
「ホルモンバランスの関係もあると思うけど、まずは見てみましょう」
エコーで見ると子宮内膜が閉経後にしては厚いということで、細胞検査をした。

「痛いなぁ」
やっぱり婦人科は嫌だな。

この日はこれで終わり。
この時点で「内膜が厚いから手術になるかも」と言われた。
「あらら・・・大ごとになってきたぞ」
この時はまだまだ気楽にかまえていた。

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ