1月9日にガン宣告を受けたあと、
新宿の本屋に立ち寄ったのが12日

気にしないようにしようと思いながら、
これから何がおこるのかはやはり気になる。

何冊かの本を手にとってみるが、
情報がありすぎてかえって不安になってくる。

手にとった本の一冊に
「これからどれだけお金がかかるか?」を書いた本があった。
無知な頭で病気や治療法を調べるより、
どんな補助があるかのほうが現実的な問題だった。

ちなみに本屋で調べて良かったことは高額医療費の制度のこと。
必要なヒントは降ってくる。

その帰りに改札を通ろうと思ったらポケットにあるはずの
「パスモケースが無い」
「どこで落としたのだろう??」
買い物をしたお店に電話してもない。
「また失くした」
そう思って諦めかけた時

「本屋だ・・・」

ダメ元で戻ってレジの女性に事情を説明したら
「さっき警備室に持って行きました」と
案内してくれた。

無事に戻ってきたパスモケース

病気は治る!と神様からのお告げ??
と思ったのである。

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ