全身麻酔の影響でお腹が張って仕方ない。
便秘状態が続く。

看護師さんにいろいろアドバイスを頂いたり
一般的にいわれている方法を試してた。

食物繊維を摂る
ヨーグルト発酵製品を摂る
食事はよく噛む(30回~50回)
水分を摂る
朝一番に冷たい水を飲む
お腹のマッサージ
病院処方の便秘薬(これはなるべく避けたい)

それで何が一番効いたか!!
なんと「オンセラピー」で丹田を中心に温めながらマッサージする。
灯台下暗し!

退院直後は傷も痛むし、あまりお腹に圧をかけられなかった(怖かった)。
それに何かをする気力も体力もなかったというのもあってオンセラピーは
控えていたのだが、傷も良くなってくるとオンセラピーが出来るようになる。

昔のコンビニのCMで「開いてて良かった!」というのがあったが
「やってて良かった!」オンセラピーだった。
やっぱりオンセラピーは凄い!と今更ながら思ったのだ。

病気のお陰で自分の身体で「実験」出来る。
お陰でお腹の張った不快感も解消出来た。

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ