先生が変わって前の結果を参考に
「もしかしたら悪性かも知れない。
もう少し詳しく診たいのでもう一度検査したい」
ということで再度細胞検査。

念のためということで年明けにMRIの検査も撮ることになった。
「なんでもない事の確認」だったはずが
「悪性かもしれない」とは。

流れに任せるしかない。

結果が出ていないのに騒ぐこともない!
と思いつつも
不安を抱えたまま年越しすることになる。

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ