癌はブドウ糖を餌にしている

抗癌剤治療をしないと決めたら
「今までどおり」ではいけないと思った。

食事療法について何冊か本を手にとったが
「癌はブドウ糖を餌にしている」
この点は共通している。
PET検査もこの性質を利用して癌を見つけているそうだ。

代替療法をしている病院にも相談すると
まず改善するのは「食事」を上げていた。

ここであるサプリメントを薦められた。
虫草サプリ。
費用は
指示通り飲むと1ヶ月約28万円
半分で約15万円
出来るところからなら約2万円から

毎月続けられるか??否否である。
(決して無理強いするところではなく、大変親切に説明して
くれたので良かったが。)

「癌の患者は「糖質」を摂らない方がよいです」
担当の方がいろいろ教えてくれた。
白米、パン、うどん、ラーメンはもちろん
イモ類、かぼちゃ、人参等の糖質の多い根菜類も
食べない。
その代わり、タンパク質と野菜を摂るという方法。

「今までどおりでなんとかなる」のではないから
取り入れられるところは取り入れて
改善していったほうが良い。

ある本には「肉体労働しないなら、糖質をエネルギーにする
ことも必要ないようだから、50才を過ぎたら
糖質を減らしても良い」とあった。

もちろん食事だけでなく生活習慣の見直しも
大切になってくる。

結局身体を温めて血流を良くして体温を上げて
自分の免疫力をあげるしかないのだ。

カワラタケ茶
βグルカン
MEC療法
漢方薬
色々と紹介していただいている。

人間の身体は皆一緒ではない。
いろいろ調べていると医者によっても
言っていることが違うが
食事療法のどれを取り入れるかは、自分の体質や性格を考えて、
専門家に相談しながら自分で決めるしかない。

「これで良い」というのは人それぞれなのだ。

「楽しく明るく生きる」為に出来ることをやっていこうと思う。

 

 
********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ