ここまで「脳を騙して明るく生活しよう」としていたが、
常にそんな状態だったわけではない。

慶應病院に行く前の2月17日に記録していた気持ち。

“「躓いても立ち上がり、迷いながら進む。
順風満帆とはいえないかもしれないが、それでも「幸せな人生」だと思う。
両親に愛され、高い教育も受けさせて貰い、
温かい兄弟に守られ、 素晴らしい友人に恵まれ生きている。
親の教えの通り誠実に、まじめに、精一杯生きてきたけれど、
思いに反して人を傷つけ、失礼もあったと思う。
ごめんなさい。
そしてありがとうございます。

癌で入院することになりました。
人生初めての入院と手術。
昨年末病院で「癌ですね」と宣告された時は、
もっと動揺するかと思ったが意外と、
と言うより思った以上に冷静だった。
自分の身体は知っていたのかもしれない。

「なんか変だよね」 今まで誰一人友人にも離さなかったのは、
言葉にしたら「本当に癌なんだ」と自覚するのが怖かったからだと思う。
そして、痛みも何も無い今「癌」で心配されると、
元気が抜けていく感じがする。
そんなところはどこかで「癌は嘘でした」と言って欲しかったのかもしれない。
10年ほど前に受けた紫微斗数の占い
去年か今年「婦人科系の病にかかるが一命は取り留める」 とあった。
ピタリと当たっている。 本当に当たっているのなら「一命は取り留める」はず。
まだ死ぬ気はしない。
こんなにメンタルが強くなったとは思わなかった。
以前の私なら泣き叫び、落ち込み、何もかも手につかなかっただろう。
これも今まで出会った人たちのお陰。

「今を生きる」しかない。

ストレスや体の冷えが悪影響になるのは 本当だった。
悩みグセ、私は可哀想病、マイナス思考 全て身体が冷える原因。
そういえば昔から第一チャクラが弱いと言われていた。
まだまだオンセラピーを伝えたい。
身体を温めて心が元気になれば
人は変わって行ける。変われる。
信じた人が離れていき 「生きていて良いのか」
「死にたい」と思ったことはあったが 死の確率が少し上がった今、
ちゃんと「生きたい」と思う。 ”

毎日、毎日誰にも言えない、不安もいっぱいだった。

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ