退院後、手術の影響は
「思っていた以上」の体力の低下と
生活機能の低下だった事は書いて来ました。

いや~本当に甘く見ていましたよ。
術後1ヶ月で「もう大丈夫かな?」と
思えたのですが、現在の2ヶ月後で振り返ると
「1ヶ月ではダメだった」と思います。

ついつい、カレンダーを意識してしまうのですが
大切なのは身体の声を聞くことですね。
退院直後は「具合が悪くて」当たり前で
あきらめも付くのですが
少し身体が動くようになって良くなると
頭も”考える”ことができるようになって
「焦り」が出てくるのです。

食事療法いついては様々な食事療法を調べていくと
アレはよい、コレは悪いがむじゅんしており
「食べるものが無くなる」ので
私の状態では「バランスよく食べる」ことに
決めました。

ただ「癌は糖質を好む」ことは現代の医学で
認められているようなので
「無駄に甘いモノは食べない」ことにしました。
元々甘いものはあまり食べないので
私の場合はあまり苦労はありませんでした。

白米も大麦ご飯にしています。
大麦にはがん予防に良いβグルカンが含まれているので。
玄米ご飯も良いようなのですが、品質なども
関係して賛否あるので大麦ご飯を選択しました。
慈恵医大の大麦ご飯の取り組み

それと同時に色々な方から
色々な「良い物」をオススメ頂きました。
*三七人参のサプリ
*プログリーン(青汁)
これは術後直ぐ友人に薦められて飲み始めました。
体力回復とデトックスに良いそうで、
体力の無い時期にはとても良かった気がします。

それから以前から飲んでいるのが寿康美の製品
*プラセンタドリンク「激」
これをお湯割りにして飲んでいます。

そして「激」を作っている会社で
プラセンタ原材料メーカーの寿康美の小松社長様が
心配してお勧めくださったのが
*A-Oサプリ
というビタミンCです。
病気のストレスにはビタミンCが必要なのです。
これも続いています。
寿康美㈱はHPも無く、病院とエステサロンにしか
商品を卸さないので通販はありません。
気になる方はお問い合わせくださいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ

あとは師匠である鍼灸師の中川先生がお勧めくださったのが
*カワラタケ茶
これも煎じて飲んでいます。
「安くて続けやすい」です。
ただ、ちょっぴり飲みにくいお茶です。
飲み終わると「う゛ぅ~」と唸ってしまいます(笑)
最近は他の健康茶「はと麦茶」「黒豆茶」などと合わせて
飲んでいます。
これはネットでも販売しています。

最近友人が薦めてくれたもので
「βグルカン」のゼリー状サプリがあるのですが
これを飲み始めてから便秘気味の症状が
かなり良くなり、気持ちも元氣が出てきました。
友人が漢方医師から薦められたそうなのですが
これも良かったです。
やはり腸が整うことは脳にも良いのですね。
手術後は消化に良い物を心がけていたのですが
便秘状態は中々良くなりませんでした。
βグルカンは大麦などにも含まれるので
サプリはちょっと・・・という方は
大麦ご飯も良いと思います。

他にも「核酸」なども薦めて頂いたのですが
この時点で飲み物とサプリだけでお腹が一杯で
辛くなりそうなので丁重にお断りしました。

冬虫夏草のサプリは一ヶ月25万円といわれて
問合せだけで撃沈しました。

日々変化していく(私の場合はお陰さまで回復していく)
身体に合わせて、サプリメントも必要だと思います。

基本は身体を温めて血行を良くする!!
そうそう、寿康美の「クリスタルスパ」という
家庭用岩盤浴はオンセラピーが出来ない
就寝中や仕事中にはとても重宝しています。

寿康美㈱の製品はお問い合わせくださいね。
クリスタルスパとプラセンタドリンクはお薦めです。
お問い合わせはこちらからどうぞ

039

 

 

********************************************
ブログ内の「患者の記録」は子宮体癌と宣告されてからの

気持ちの変化等を記録しています。
冷えは万病の元!
あなたも病気になる前に、今から本気で冷え症改善しましょう。

温め生活コンサルティングお申し込み&お問い合わせフォームはこちらからどうぞ