身内が本を出しました。
お客様と接していて感じるのは
「食事に対しての意識が低い」です。
私は基本的に「雑食」なので、肉も魚も食べるし野菜は近所のスーパーで
購入しています。(野菜はホタテ貝の粉で洗っています)

もちろん「完璧な食事」などありません。
単なる「栄養」よりも「楽しく食べる」ことが身体にとって
よいこともあります。

忙しかったら外食やお惣菜、コンビニのお弁当を買うことも
ありだと思います。
ただ、食品添加物を摂ることが増えることを自覚する
必要はありますよね。

自分の身体は自分の食べたもので作られます。
何を選ぶか?はご自身なのです。

●●健康法、○○療法などは私も参考にしますが
その方に合っているからと言って
私に合うか?続けられるか?は考えています。

コロナ禍で自炊に目覚めた方も多いようです。
この本はそんな方のご参考になればと思っています。

「慈恵医大病院が考えたやせ麦丼」
ご予約はこちらからどうぞ




慈恵医大病院が考えた、やせ麦丼   主婦と生活社