老化は「血管年齢」「皮膚年齢」「脳年齢」で測ることができます。
それ以外に声、喉、肺も年齢と共に衰えていきます。

食事時にむせる、咳払いが増える、
飲み込みにくい、声がかすれる等々。
これらは喉の老化、肺の老化のサインです。

インフルエンザや肺炎のリスクも高まるのです。

1)発生能力テスト 
息を目いっぱい吸い込んで、普段話す声の大きさで
「あー」と声を出す。
15秒以上出来たらOK(高齢者は10秒)

2)肺年齢テスト
テーブルの上にティッシュを1枚億
息を吹きかけてどれだけ飛ばせるかチェックする。
160㎝→男性40代 女性30代後半
150㎝→男性50代 女性40代後半
140㎝→男性60代 女性50代後半
130㎝→男性70代 女性60代後半
120㎝→男性80代 女性70代前半

3)口輪筋の強さチェック
口をあけて指4本が縦に入るか?
入らない場合は舌根下垂が起こりやすくなって睡眠時無呼吸症候群になりやすい。

いかがでしたか?
病気は自分の免疫力でしか治せません。

免疫力アップには「体を温めて体温を上げて血流を良くする!!」
この一言に尽きます。

深呼吸は体幹を鍛えるためにも有効なので
朝起きたら朝陽を浴びながらゆっくり深呼吸をしてみてください。
血流も良くなるし、体内時計のリセットになって
すがすがしい一日になること間違いなし!!です。