身体への色々な指示は「脳」から出ている。
私もそう思っていました。

しかし今は研究が進んで「骨」も大事な役割があると
解ってきています。


骨からはホルモン、サイトカインが分泌されています。
そのホルモンが脳、心臓、肝臓の働きに関係してきます。
骨を鍛えることで認知症や糖尿病の予防にもつながります。
女性に多い「骨粗鬆症」は運動機能だけでなく
内臓にも影響を及ぼします。


骨を鍛えるには運動が一番
ウォーキング、ストレッチ、階段を上がる等の
軽い運動で骨に刺激を与えることが大事です。
閉経後は骨密度が低下するので、二型糖尿病にかかりやすくなります。

女性ホルモンは全身の血流を良くする作用があります。

つまり更年期を迎える前から血流を良くするケアが大切なのです。

寒くなってきましたが、部屋に閉じこもらずに
運動を心がけて血流を良くし体温を上げていきましょう。