ネプチューンの名倉さんがうつ病で休養に入りました。
livedoorニュースによると(以下引用)
「山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏は、「『侵襲』とは、手術や薬の副作用など身体を傷つける全てのことを指す。
重篤な患者の手術や、手術で回復しない場合などには鬱病の発症があり得るが、一般的には手術による侵襲が鬱病の引き金になることはまずないと考えていい。名倉さんの場合、手術の経過は良好ということなので、相当まれなケースだろう」と解説する。 」(引用ここまで)

何にしても手術は「切ったら終わり」というような簡単なことはないというのを実感します。
年齢的なこともあるけれど、小さなきっかけだと思っていても、気持ちが落ちて揺らぐことはだれにもあること。
辛い時は頑張らないでつらいと言った方が良いし、無理しないで身体を休めることも大事だと思います。
私はもともと丈夫なタイプではないけれど、手術後は疲れやすいし、気持ちもユラユラしていて辛い時もあります。
癌と言われただけで充分ショックなのだから。
そういう自分と向き合ってゆっくりやっていくのが一番良いと思います。